猫に与えてはいけない食べ物とは

 

猫の味覚は人間のとは違いますので、人間にとって美味しいものが 猫にとって必ずしも美味いというわけではありません。

 

 

猫は、人間ほど味が分かるわけではありません。

 


愛猫家の方達の中には、毎日同じもの食べ物ばかりで可哀想だからと、人間のご馳走をあげる方もいるようですが、気持ちはわかりますが、 しかし、それが猫にとって必ずおいしいというわけではありません。

 

 

特に子猫などは、人間が食べているものには何でも興味を示し、何でも食べてしまいますよね。

 

可愛くてついつい与えてしまうたくなる気持ちはよく分かりますが、それが猫にとって害となるものもあります。

 

人間の食べ物は与えないように注意しましょう。

 

 

猫に与えてはいけない食べ物

 

醤油・塩

塩分の多い食べ物は猫の健康にはよくありませんし、与えすぎると吐き気を起こしたりする場合があります。

 

人間用の味付けの食べ物は猫にとって塩分が多すぎるのです。
人間の食べ物を猫にあげてはいけない一番の理由は この為なんです。

 

 

キャットフードを一度でも食べたことがあるあ方は分かると思いますが、キャットフードは塩味が全くありません、というか味がありませんよね?

 

 

同じように塩魚やみりん干しの魚も注意しましょう。

 

 

チョコレート

 

チョコレートなどの甘いお菓子などを食べ過ぎてしまうと、猫の心臓に負担がかかってしまいます。

 

同様に猫の糖尿病も最近では増えていますので、甘いものはあげないように十分注意しましょう

 

 

油の濃いもの

 

油の多い食べ物は、猫には下痢、吐き気の原因となってしまいます。

 

 

大きめの魚の骨、鳥の骨

 

人間もそうですが、尖った骨は猫にとっても禁物です。 口の中や喉を傷つけてしまう場合もあります。

 

猫は骨でも美味しそうにバリバリ食べてしまいますが、便秘の原因にもなりますので、なるべくなら大きな骨は 取ってあげるようにしましょう。

 

 

牛乳

 

猫は牛乳が大好きなイメージがありますよね?
実際に牛乳をあげると ほとんどの猫は美味しそうに飲んでくれます。

 

しかし、牛乳に含まれている乳糖(ラストーク)は 猫の体内で消化しきれない場合、下痢や嘔吐の原因となってしまいます。

 

子猫やシニア猫はもちろんですが、大人の猫でも下痢になる場合があります。

 

もちろん、全く大丈夫な猫もいますので、これは猫の体質によります。

 

美味しそうに飲んでくれるので与えたくなる気持ちも分かりますが、特別に 牛乳をあげる必要はありません。

 

 

冷たい食べ物、飲み物

 

冷蔵庫などに入っている冷えたものをあげてしまうと、腸炎を起こすことがあります。
冷たすぎるものはあげないようにしましょう。

 

 

 

犬にあげてはいけない食べ物

犬にもあげてはいけない食べ物、食材がいくつかあります。

 

 

人間は食べても問題ないのに、犬が食べるととても危険なものもありますので、ワンちゃんを飼っている方は是非チェックしていってくださいね。

 


 

 

危険度(高)

 

玉ねぎ、長ネギ、ニラなどのネギ類

 

玉ねぎなどに含まれる、アリルプロピルジスルファイドなどの成分が犬や猫の赤血球を破壊するため、溶血性貧血、ハインツ小体性貧血を起こし、量によっては死に至る事もあります。

 

絶対に与えてはいけません。

 

特に、ゆり科植物はあげないようにしましょう。

 

(例)タマネギ、長ネギ、ニラ、ニンニク、エシャロット、ラッキョウなど

 

 

 

チョコレートやココアなどのカカオ類

 

カカオの成分であるデオブロミンが、犬や猫の中枢神経を刺激する毒素となります。デオブロミンとはカカオの香り成分の1つで、カカオ含有量の高いビターチョコほど犬や猫には危険となります。

 

 

ミルクチョコレートなど、カカオ含有量が低いものは症状が出にくいですがそれでも与えないように注意しましょう。

 

 

 

人間用の薬や栄養補助食品など

 

人間用に処方された薬などを獣医師の許可無く犬や猫に与えるのはとても危険です。

 

ASPCAの発表によると、アメリカ国内のペットの事故の第一位はなんと、人間用の医薬品に よるものなんです。

 

風邪薬や栄養補助食品、サプリメントなどは決してあげないよう注意してください。

 

 

 

レーズン・ブドウ・マカデミアナッツ

 

犬や猫に悪影響があるか因果関係はまだはっきり解明されていませんが、アメリカの調査機関により、 犬や猫には有害性があると認められました。

 

同じ量を食べたとしても、重い症状の出る子もいれば、全く平気な子もいるそうです。 臨床結果では有害があると立証されているため、あげないほうがよい食材といえます。

 

 

 

アボカド

 

アボカドに含まれているペルジンが犬や猫にとっては毒となります。
ペルジンは果実だけではなく、葉、種子、樹皮にも含まれています。

 

大量に摂取すると、嘔吐、下痢、胃腸の炎症、最悪死亡する恐れもあります。

 

また、小動物にとっては少量でも危険ですので、あげないようにしましょう。

 

 

 

キシリトール

 

ガムなどによく使用される甘味料のキシリトールですが、犬にとっては有害という発表がASPCA から出ています。

 

少量でも食べると30分以内に血糖値が低下し、嘔吐、歩行困難、 内出血、肝不全を発症する危険があるという報告があります。

 

 

犬の場合、2、3枚のキシリトールガムで致命傷となる場合がありますので、誤って 与えないように注意しましょう。

 

 

危険度(中)

 

ニンニク

 

玉ねぎと同じアリルプロピルジスルファイドなどが含まれているため、 嘔吐、血尿、衰弱、心拍の増加などの症状が表れます。

 

ですが玉ねぎほど含まれていないので、大量に摂取した場合に限ります。

 

ガーリックパウダーやガーリックオイルも同様です。

 

 

 

スルメなどの乾物

 

スルメなどの乾物は胃で水分を含むと膨張し、10倍以上に膨れる事もあります。

 

膨れたスルメは腸を通過する事が出来ず、食道に詰まって吐く事も出来ないという とても危険な状態に陥ってしまします。

 

 

 

アワビ、サザエ、貝類

 

「アワビを食べると耳が落ちる」という表現があるように、特に毛の薄い犬や猫が 耳に晴れやかゆみを生じることがあり、場合によっては壊死することがあります。

 

3〜5月頃は、貝の毒素が強いため特に危険です。

 

主に猫がなりやすいです。

 

 

 

生豚肉

 

生の豚肉には、トキソプラズマという寄生虫が潜んでいる場合があります。
この寄生虫は犬や猫はもちろん、人間にも感染します。

 

 

 

鶏や魚の硬い骨など

 

 

割れた鋭くとがった骨は、喉や消化器官を傷つける場合があります。

 

鯛の骨なども大変堅いため、飲み込むととても危険です。

 

 

アルコール、カフェイン

 

大量に摂取すると、嘔吐、下痢、 中枢神経系の抑制、心臓や神経系への異常を 来す恐れがあります。

 

 

 

危険度(小)

 

穀物

 

元々肉食である犬や猫は、穀物などの炭水化物を消化する消化酵素は持っていません。

 

消化しにくく、胃や腸の負担となるだけなので、できる限り穀物の入っていないグレインフリーのフードを与えるようにしましょう。

 

長期間与え続けると肥満、糖尿病になる恐れもあります。

 

 

 

青身の魚、いか、タコ、甲殻類、淡水魚

 

生の甲殻類、淡水魚なども犬や猫にとってはあまりよい食材ではありません。

 

イカやタコは消化しにくいので、こちらもあげないほうがよいでしょう。

 

いずれの食材も大量に食べると、嘔吐や下痢、神経障害が出る恐れがあります。

 

 

ピーナッツ

 

人間用のピーナッツは、油分、塩分が多く、更にマグネシウムも含んでいるため、食べ続けると、肥満、糖尿病、腎臓病、結石などの原因となります。

 

 

ほうれん草

 

ほうれん草に含まれる、シュウ酸が犬や猫にとっては結石の原因となります。

 

シュウ酸は主にアクに含まれるので、茹でたりなどでアクを取ると減らす事ができます。

 

 

 

野菜

 

肉食の犬や猫は、野菜に含まれるセルロースが消化できないため、たくさん食べると胃や腸の負担となってしまいます。

 

もちろん、適量であれば体に良いので、あげる場合は 細かく刻んだりすると、胃腸への負担を減らすことができます。

 

 

 

牛乳

 

ほとんどの犬や猫は、牛乳をあげると喜んで飲んでくれます。
しかし、牛乳に含まれる乳糖を消化するためにはラクターゼという消化酵素が必要ですが、 犬や猫はもっていません。

 

 

全く平気な犬や猫もいますので、必ず危険というわけではありませんが、特に栄養価が高いわけでも ありませんので無理にあげる必要はないでしょう。

 

 

人間でも牛乳を飲むと下痢をする人がたまにいますが、その理由は同じです。

 

ラクターゼ活性が低い体質の人は消化できなく、下痢になってしまいます。

 

 

 

マグネシウムを多く含む食材

 

マグネシウムを多く含む食材とは、

 

煮干、海苔、鰹節、ミネラルウォーターなどです。

 

これらを食べ続けると、下痢、結石になりやすくなります。