感情移入や擬人化しすぎていませんか?

 

 

よく飼い主さん同士の会話で。

 

「うちの子は○○なんですよ〜」

 

 

というのを聞きますが、はたして本当なのでしょうか?

 

 

そういった飼い主さんの話を聞いて、実際にワンちゃんをよく観察してみると、全然そんなことはなく、むしろ逆だったりしている場合がとても多くて驚いてしまいます。

 

つまり、飼い主さんの思い込みで、実際には間違っていることが多々あります。

 

 

また、よくあるのが、

 

「最近忙しくて、あまり構ってあげられなかったからすねている」

 

という話も聞きますが、すねる、という感情はとても高等なもので、犬の感情はそこまで複雑ではありません。

 

自分の感情を移入しすぎたり、擬人化しすぎるとワンちゃんを正しく受け入れることはできません。

 

本当はもっと仲良くなれるチャンスなのに、それを逃しているかもしれません。

 

 

犬と仲良くなるには、まずは相手を受け入れること、そして、受け入れるにはよく観察することです。

 

彼らが送っているメッセージを間違って捉えると、正しくは受け入れることができませんので、まずはワンちゃんのボディランゲージや吠え方、動作などの意味をよく理解しておきましょう。

 

それらをよく理解し、犬の気持ちを分かってあげることで、もっともっと仲良くなることができます。

 

 

愛犬と仲良くなるには、感情移入することなく、擬人化することなく、犬の行動についてよく知っておくことが、最も大事ですよ。

 

 

 

犬の行動から気持ちを知るには

 

 

 

犬は、声・表情・しっぽの動き・姿勢などの微妙な変化から、何を考え、何を思っているか、ある程度知ることができます。

 

 

普段、愛犬が何を考え、何を思っている気になる方は、是非参考にしてください。

 

 

 

動作や動きから見る犬の気持ち

 

犬は通常、ボディランゲージを使ってメッセージを出しています。

 

相手に、落ち着いて、攻撃しないで、怖いよ、遊ぼうなどのメッセージを出すときに、耳、口、尻尾などを使って分かりやすいようにサインを送ります。

 

例えば、前足と上半身を低くしてお辞儀をするような姿勢をするときは、仲良くしたい、遊びたい、というサインです。

 

じっとして落ち着いてるように見えても、実は遊びたくて、目はウキウキしてたまらない状態なのです。

 


 

また、相手をじっと見るのは、様子をうかがっている状態です。

 

この場合は、相手とのコミュニケーションによっては、喧嘩になる場合もあります。

 

散歩中に出会った他の犬に対して、じっと見て、耳を立てて体が緊張していたら要注意です。

 

更に、唸るようでしたら、目を逸らさせてすぐにその場から離れたほうがよいでしょう。

 

 

逆に、相手と目があったらすぐに顔を背けて目が合わないようにするのは、「落ち着いて」「敵意はありませんよ」「攻撃しませんよ」というサインになります。

 

飼い主さんが目を見て話しているのに、犬の方はすぐに目をそらしてしまう場合は、飼い主さんの接し方に力が入りすぎているかもしれませんね。

 

 

あくびをする場合

 

何かいたずらをして、飼い主さんに叱られているときなど、あくびをする場合があります。

 

叱られているのに、何だその態度は!っと人間と同じように怒ってはダメです。

 

犬があくびをするのは、ストレスを感じている場合が多いです。

 

「嫌だな〜」「不快だな〜」というサインなので、決してふざけているわけではなく、緊張を解くためにしているのです。

 

 

自分の顔や鼻をペロッと舐める

 

飼い主さんに叱られたり、突然何か不快なことをされたりなど不安を感じると、犬は鼻や口の周りをペロリと舐めることがあります。

 

これは不快感を感じている合図です。

 

このような時は、少しリラックスさせてあげましょう。

 

また、食べ物を食べたあとは、口の周りに残った味を確かめている場合があります。

 

 

体をブルブル振るう

 

シャンプーなどの後には、体を振って水分を飛ばしますが、水に濡れていない時に体をブルブル振る場合は、「何か嫌だな〜」「緊張するな〜」というストレスがかかった場合です。体を振って、ストレスを振り払おうとしているのです。

 

 

 

クンクンと匂いを嗅ぎ回る

 

犬にとって、匂いは重要な情報源です。

 

初めて行く場所は、クンクンと匂いを嗅ぎ回って、情報を集めているのです。

 

ここがどんなとこかを知り、落ち着かせるために匂いを嗅いでしるのです。

 

 

 

ふせをしてとき

 

ふせの姿勢をとるときは、そばにいる相手に心を許し、信頼している、服従しているサインです。

 

または、ただ寝そべりたいか、疲れているか、遊びに参加する気もなく無関心、様子をうかがっている場合などもあります。

 

 

 

 

犬の吠え方から気持ちを読む

 

犬の吠え方からも気持ちを知ることができます。

 

犬の吠え方には、大きく分けると、警戒、威嚇、うれしい、痛い、寂しい、などがあります。

 

 

警戒

 

中〜低い音程で、ウーっとうなる場合は、警戒している時が多いです。

 

この警告を無視して近づくと、攻撃される可能性が極めて高いので注意してください。

 

 

連続して3〜4回、中くらいの音程で吠え、間に休みをおきながら吠える

 

遠くに見慣れないものや知らない人を発見したとき、何かいそうだという、まだハッキリとしたものが分からない時などにするあいまいな警戒の吠え方。

 

 

 

立て続けに何度も中くらいの音程で吠え続ける

 

侵入者や不審者、見知らぬ者を発見したときに発せられる、明確な警戒の吠え方。

 

 

 

低い音程で、ゆっくりと吠える

 

敵が近くにいることは分かっているときに発せられる警戒の合図です。

 

低い音程の吠え方は、強い意志があることを意味している吠え方になります。

 

 

 

威嚇

 

威嚇の唸り声の場合は、歯を見せることが多いです。

 

 

弱く低いうなり声

 

あっちへ行け!とい威嚇、または、警告の合図です。

 

この警告に従わないとうなり声が止まり、本当の攻撃へと移ります。

 

 

 

高くなったり低くなったりする唸り声

 

自信がない犬が強がりで発する威嚇です。

 

この状態は戦うか逃げるか迷っている時が多いです。

 

 

 

 

うれしい

 

子犬のような高い声で鳴くのが特徴です。

 

 

やや高めの声で、歯を見せないで出すうなり声

 

威嚇の声にも少し似ていますが、威嚇と最も違うところは、犬歯を見せていないで唸り声を上げいることです。

 

遊んでいるときなどに多いので、本物の警戒音と間違えて、せっかくの楽しい遊びを中断しないようにしてくださいね。

 

 

 

クーン、クーンという高い鳴き声

 

子犬の様なクーン、キューンといった声は、上位の者に対して何かを要求している場合に発せられる鳴き声です

 

「おなかが空いた」「一緒にいて欲しい」「遊びたい」という場合が多いです。

 

 

 

痛い、恐怖

 

高くて弱々しい鼻声

 

知らない場所に連れてこられて怖いときや、どこか痛かったりするときに発せられる声です。

 

悲痛な声の一つで、特に動物病院などでよく聞かれますね。

 

 

キャンキャンという高い鳴き声

 

恐怖や苦痛に直面しているときに発する声です。

 

本来、犬は痛みに強い動物ですが、その犬が連続してこの声を発するということは、かなり切羽詰っている状態を指します。

 

また、争いの後にこの声を発すると、降参という意味になります。

 

 

 

寂しい

 

遠吠えは自分の縄張りをアピールすると共に、さみしい時にする場合もあります。

 

 

長く尾を引くシンプルな遠吠え

 

何の前ぶりもなく始まる遠吠えは、ここは自分の縄張りだ、私はここにいるという場合に発することが多いです。

 

また、他の犬の遠吠えに合わせるように発する遠吠えは、声が聞こえたよと答えている場合が多いです。

 

 

 

 

 

 

これらのサインを知ることで、愛犬ともっともっと楽しく暮らすことができるようになりますよ♪

 

 

 

 

 

 

愛犬家にお薦め!獣医さんも薦めるドッグフードはこちらから

 

 

 

↑ ページの上部へ