猫の特性と性格

img

 

猫はどこから来たの?

 

猫は約4500〜6000万年前に誕生したミアキスが祖先で、人との出会いは古代エジプトと言われております。

 

4000〜6500万年ほど前、食肉目の祖先と言われているミアキスが誕生します。

 

ミアキスは猫、犬、ハイエナ、などへと進化していき、その後、猫へと進化していったのがニムラブスです。

 

更に、プロアイルルス、プセウダエルルスを経て、約60〜90万年前に誕生したリビアヤマネコが、現在の猫の原型です。

 

 

猫が最初に飼われたのは、約9500年前のキプロスと言われていおります。(諸説あります)

 

害虫や獣の駆除で活躍したり、古代エジプトでは女神の化身として祭られたりしました。

 

その後、生け贄にされるなどの歴史もありましたが、19世紀中ごろからペットとして飼われるようになりました。

 

 

猫の名前の由来

 

猫は年中寝ている動物です。その習性から、「寝るのを好む」「寝る子」と言われ、略して猫になったと考えられています。

 

その他にも、「ネズミを好む」「鼠子待ち」など、ネズミに由来するという説もあります。

 

img

 

 

しなやかな体

 

猫は小型動物ですが、その体内には240もの骨があり、発達した筋肉とともに並外れた運動神経を支えています。

 

目、耳、鼻、ヒゲからも外部の情報をとらえ、瞬時に反応する能力も抜群です。

 

この無駄のないしなやかな体は、ハンターだったころと変わりはありません。

 

 

マイペースな性格

 

猫は単独行動を好む動物です。

 

自由を奪われるのは嫌いで、人のペースに合わせたりもしません。

 

しかし、気が向いたら仲間とも遊びますし、人間にも甘えます。

 

特に、短毛種は活発、長毛種はおとなしいなど、種による違いはありますが、基本的には穏やかで飼いやすい動物です。

 

猫の4大特性
束縛されることを嫌い、単独行動を好む

 

1日の大半を寝て過ごす

 

ネズミ獲りなど、優れたハンター能力を持つ

 

様々な色や柄の被毛を持つ

 

 

猫と人間の年齢の比較

 

猫は生後1年で、人間でいう18歳くらいまで成長します。

 

2歳以降は、1年でおよそ4歳分ずつ歳をとり、寿命は約15年。

 

中には20年以上生きる猫もいます。

 

人間

特徴

1週間 1カ月 お乳を飲んで眠る生活
2週間 6カ月 目が開き、耳が立つ
1カ月 1歳 運動神経が発達。徐々に離乳する。
2カ月 2歳 脳の機能が完成
3カ月 5歳 社会性が発達
6カ月 9歳 いたずら盛り
8カ月 11歳 永久歯が生えそろう
1歳 18歳 精成熟を迎え、すっかり大人
2歳 24歳 若々しく活発に活動
3歳 28歳 1番充実したネコ盛り
5歳 35歳 落ち着きのある大人の生活
8歳 48歳 老化の兆候が見えてくる
10歳 56歳 動きが鈍り、体力も低下
15歳 76歳 衰えが目だつ。猫の平均的な寿命
20歳 98歳 超高齢期。適切なケアが必要

 

 

 

 

↑ ページの上部へ